この冬アニマルフリーが今っぽい!(アヒルに)愛され系ダウンジャケット「SAVE THE DUCK」で冬もあったか!


こんにちは!スマベジのベジ子です!
今回は、珍しくファッションの話題です。

本格的にあったかい上着が欲しくなる今日この頃。
お洒落で軽くてエコなダウンジャケットをご紹介。

その名も。。。

ベジ子(きりっ)
SAVE THE DUCK!!
(セーブ・ザ・ダック)

SAVE THE DUCK (セーブ・ザ・ダック)って何?

初めて名前を聞く人も多いはずのこのブランド。

それもそのはず、

去年~今年にかけて本格的に日本に上陸したばかり
イタリアのブランドなんです!

ノンベジ男
まあお洒落だけど。。。

ノンベジ男
普通のダウンジャケットじゃない?

ベジ子
ちっちっ!

ベジ子
ノンベジ男さんたら

ベジ子
愚かなり

ノンベジ男
えっ。。。

ベジ子
このダウンジャケットの一番の特徴は中綿にあるんですよっ!

ノンベジ男
な、なんだってーーーーー!!??

注目の新素材プラムテック!

通常ダウンジャケットはアヒルの羽が使われますが
このセーブ・ザ・ダックの中綿は、

Plumtech プラムテック

と呼ばれる最新のテクノロジーで開発されたポリエステル素材
出来ているのです!

 

save the duckの全ての商品に採用されるplumtechは

『ultra light(軽量)』
『breathability(通気性)』
『thermal(保温性)』

に非常に優れたリサイクルポリエステルを使用した特殊な中綿。

この新素材のポリエステル綿は、
ダウンと変わらない軽さと保温性を持つとか。

豊富なデザインとカラーバリエーション

さらに、イタリア製ならでは綺麗なシルエットと
豊富なカラーバリエーション。


日本ではまだ全色は無いと思いますが
形の種類は沢山あるようです!


さらっと着れるタイプや


こんな形もあり。

ウォッシャブル!

極めつけはこれ!
なんとこの、ダウンジャケット

お家で洗濯できちゃうんですっ!

普通はクリーニングに出して1週間くらいかかる、
お値段もそこそこかかるダウンジャケットですが

プラムテック

ならお家の洗濯機でOK!

ベジ子
最高じゃないですか・・・

どこ買えるの!?

実店舗を探してみたんですが、情報が見つからなかったので
このブランドを輸入している栄進物産に直接問い合わせてみました。

日本橋高島屋と新宿高島屋が常設。
あとは期間限定で、あちこちでPOP UPショップを
やっている様子。

早速、新宿高島屋に行ってみました。

7Fのデニムスタイルラボというコーナーにあったのですが、
思いのほか種類が少ない。

店員さんに聞くと

店員さん
POP UPの方が種類あるかもしれませんね~

とのことだったので今度はコレド室町3に行ってみることに。

すると。。。

ベジ子
広っ!

こちらでは、セーブ・ザ・ダックだけの売り場がちゃんとあり、
メンズ、レディース、色、形と沢山の種類が置いてありました。

ただ欲しい形が見当たらなかったので
日本橋三越本店2Fにも寄ってみることに。(三越本店はコレド室町の向かい)


ニューヨークランウェイ
という売り場の一部に
セーブ・ザ・ダックのコーナーがあり、

ずばり欲しい色、形、サイズを発見。
無事購入することができました。

ちなみに。。。
お会計は5万円。。。

ベジ子
カード払いです。。。

私が買ったのはこれ。

一番ベーシックなブルーで
ひざ上までの長さ。

ベジ子
かわいい

発色のいいブルーと内側のオレンジの組み合わせがとても好き!

 

この肘についているブランドマークがまた可愛い!!
アヒルが鼻歌歌っているんですよ。


背中のところにもいます。
ちなみにサイズは2にしました。
結構タイトなデザインなので、厚着する人は大きめの方がいいかもしれません。

内側にプラムテックの説明が。

エコフレンドリー、保温性、通気性、クイックリカバリー、耐水性。

 

 

小袋も付いてきました。

ベジ子
なんだこれ!?

と思ったらこれにジャケットしまえるんだそうですよ!

ベジ子
本当に軽いなー!
何グラムなんだろ!?


キッチン用のスケールで
計ってみると700g

ベジ子
軽っ!

後ろ側。
フードつき。

タグには「WE RESPECT ANIMALS(わたし達は動物を尊敬するよっ)」の文字。
素敵じゃないですか!

まとめ

最近エコファーって聞くこと多くなりましたね。

ノンベジ男
エコファー?

ベジ子
フェイクファーの新しい言い方らしいです

最近は技術が向上し本物と遜色ない商品が増えてるので
ネガティブなイメージの「フェイク」から、
ポジティブな「エコ」ファーとして
お洒落感度の高い人に支持されているようです。

時代はNO!リアル。今「エコファー」が支持される3つの理由

ファッショニスタと呼ばれる人達がこぞって
ファーフリーを宣言している様子。

Also #MeganFox aka @the_native_tiger chose #SaveTheDuck! #SaveTheDuckers #WeRespectAnimals #Animalfree #style #design #fashion

Save The Duckさん(@save_the_duck)がシェアした投稿 –


セレブや有名人もSAVE THE DUCKを選んでます。

H&Mやラルフローレン、ZARAなどは
少し前からファーの取り扱いをやめていたのですが

GUCCIも2018年のコレクションから
毛皮不使用宣言を出し、大きなニュースになりました。

グッチが毛皮使用の禁止を宣言「ちょっと時代遅れ

このようにファッション業界では、ファーフリー、アニマルフリーを宣言する方が
イケてるという流れになってきてるんですね。

確かに、
見た目も可愛い!
質もいい!
扱いも楽!
となれば

ベジ子
もうフェイクでいいじゃん!

ってなるのも自然な流れかと。
環境にも動物にも優しい、最先端のダウンジャケットを着れば

ノンベジ男
モテモテ!?

ベジ子
・・・になれるかは分かりませんが

少なくてもアヒルには愛されます。

POP UPショップの詳細が知りたい方は栄進物産
に問い合わせてみて下さいね!

寒い冬、ほかほかに過ごしましょう!
ベジ子でした~




 

 

Save The Duck OUTERWEAR レディース カラー: ブラック
by カエレバ

 


Vegeko
Vegeko
ベジ子。 元肉嫌いからのヴィーガン。くいしんぼう。 美味しいヴィーガン料理を日夜探している。 肉魚卵牛乳を食べない以外はテキトウ。 ビール好き、揚げ物好き、濃い味好き。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です